不妊治療はまず原因を調べる┃人工授精という方法がある

先生

生理不順にも適しています

女性

処方されるには

ピルが日本で解禁され長い年月が過ぎましたが、使用方法については未だにハードルを感じている人が少なくありません。そもそもピルは、避妊用に処方されるものでアメリカなどで広く普及していました。望まない妊娠を女性自身が避けるためにも、排卵をコントロールできるピルは世界的にも支持されています。日本でも避妊を目的として処方されており、産婦人科や婦人科を受診することで処方されます。日本では経口避妊薬という名称でも知られており、処方をアピールする広告も病院内で見かけることができます。しかし、避妊薬以外にも生理不順の回復やPMSの回復にも使用できるため避妊の目的以外にも使用が浸透するようになりました。特にPMSについての使用が増加しています。大阪などの関西エリアでも人気のある医薬品です。

PMSと向き合うには

PMSは生理前に怒る苛立ちや衝動を指す症状の名前です。ホルモンバランスの乱れで起こる症状ですが、子育て中の方は特に悩んでいるひとが散見されます。低用量ピルを服用することで、身体が妊娠を起こしていると錯覚し、ホルモンバランスが一定化します。すると、PMSの症状が大幅に緩和されるというものです。大阪の産婦人科でも積極的に低用量ピルの使用を進めています。正しく避妊したい方はもちろんのこと、生理前の苛立ちに毎月悩まされている方は大阪の婦人科系医療機関を受診してみてはいかがでしょうか。もしも吐き気が止まらない、などの副作用を感じたらすぐに受診した大阪の病院を再診するようにしましょう。また、ピルでは性感染症のリスクは低下しない事も覚えておきましょう。